2007年04月25日

日本再生の集いを開催

5月19日正午より、JR秋田駅前・秋田ビューホテルを会場に「国民新党・日本再生の集い」(県支部主催)を開催いたします。

安倍政権が標榜する「美しい国」というスローガンの下で今、一部の富裕層だけが優遇されています。その一方、地方や大多数の国民は切り捨てられ、由々しき格差と歪みが生じました。この弱者に目を向けない冷たい政治の象徴こそが、小泉内閣による郵政民営化でありました。そして、その路線を受け継ぐ安倍内閣によって状況はますます悪化しています。

今年は先の統一地方選挙に続いて、7月に参議院議員選挙が行われます。この秋田で我々は県政のあり様を鋭く批判、石川錬治郎候補の県議会入りを実現させております。3ヶ月後の夏の陣でも国民新党は躍進を続け、小泉・安倍政権がこの六年間に行った無謀・強引な改革を徹底的に検証し、日本の進むべき道を正しい軌道に修正しなければなりません。

国民新党はこれからも「ぶれず、媚びず、驕らず」をモットーに、皆さんの声を大切にしながら夢ある明日に向かって突き進んでまいります。つきましては、この秋田の地に党三役と参院比例区東北ブロック候補・津島恭一氏(青森県支部代表)を迎え、我が党が目指す日本の将来像について語り合う「日本再生の集い」を下記の通り行います。

皆さんのご参加を心よりお待ち申し上げます。

party200705.jpg

■国民新党・日本再生の集い

<弁士>
・綿貫民輔衆議院議員(党代表)
・亀井静香衆議院議員(党代表代行)
・亀井久興衆議院議員(党幹事長)
・津島恭一元衆議院議員(参院比例区東北ブロック候補)
・石川錬治郎県議会議員(秋田県支部代表)

日時:5月19日 12時〜14時
場所:秋田ビューホテル4階
会費:8000円

※この催しは、政治資金規正法第8条に規定する政治資金パーティーです。内容など、詳しくは国民新党秋田県支部(TEL018-832-2211)にお問い合わせください。


posted by 石川錬治郎 at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

統一地方選を終えて

統一地方選挙が終わり、ようやくブログの更新が解禁となった。

国民新党は、初挑戦となった今回の県議会議員選挙で勝利することができた。この選挙の結果は我が県支部にとって価値あるものだが、多くの秋田県民にとっては今後の4年のみならず、21世紀の郷土の方向性を決める重要なものだった。大げさかもしれないが、それほどに大きな意味を持つ戦いであったと思う。

だが、投票率は史上最低を記録した。これは大いに問題であるが、病院や福祉施設の一部で作られる票の多さも憂慮すべき点であった。とにかく、今は秋田市選挙区の13人の中にあったことを良しとし、県民のために何をすべきかを具体的に見定めなくてはなるまい。

当選した他の議員の中には、親から地盤と看板を受け継いだ人もいる。また、強固な組織票に支えられてきた人もいる。しかし、私は彼らとは違う。特定の層や特定の地域の利益に興味はないし、便宜を図るつもりもない。県政の場においても国民新党の精神を貫き、県民のために「重厚な政治」「品格のある政治」「健全な議会政治」の実現のため、ひたすら前向きに行動するのみである。

win0408.jpg
posted by 石川錬治郎 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。