2009年06月12日

県議会6月定例会が開会

いよいよ佐竹県政の始動となる6月定例会が開会。知事説明を聞く。

かつて、小生は寺田知事の議会演説や質問への答弁について「言葉の過剰、哲学の貧困」と批評したことがある。そして、今回の佐竹新知事にも概ね同様の印象を受けた。今月19日には一般質問を行うが、この印象が間違っていることを願う。


posted by 石川錬治郎 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

10周年を迎えた秋田県立大

6月5日、秋田県立大学の10周年記念式典と祝賀会が行われ、記念講演のため来秋した明石康氏と久しぶりに顔を合わせる。また、須田精一氏(由利工業社長)からは、今の不況対策について独創的な提案を聞く。

ようやく地域に根付いてきた秋田県立大学であるが、少子化が進む中で前途は決して明るいものではない。いずれ、県財政上の大きな問題として浮上してくる恐れがある。もちろん、それは国際教養大学にも言える。将来的に、両大学の整理・統合・再編成は避けられないだろう。
posted by 石川錬治郎 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。