2009年03月01日

安田忠彦先生の死を悼む

知人で立派な医師でもあった安田忠彦先生(安田内科医院院長)が2月22日、突然逝く。71歳の若さであった。

安田先生とは昨年の秋、「佳い秋田県知事を選ぶ会」を開くために協議を幾度も重ね、秋田の将来について語り合った仲。「これからは共に秋田のため、大いに行動しよう」と話し合っていただけに突然の訃報に驚き、ここ数日は気落ちしている。しかし、安田先生の分も含めてこの国と故郷の政治に取り組まねばという想いもまた、強くしていかなければなるまいと感じる。

安田先生、安らかに。合掌。


posted by 石川錬治郎 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。