2010年02月17日

県議会2月定例会始まる

2月16日、平成22年度の県予算審議などを中心議題とする県議会定例会が始まった。冒頭、佐竹知事よる「秋田元気プラン」の説明は、寺田前知事の総合計画(明らかに失敗であった)の総括もなしに、唯々「元気プラン」なるものをA〜Dに分類・提示しただけ。いかにも空虚な言葉の羅列という印象。

かつて、私は寺田知事の説明・答弁を「言葉の過剰と哲学の貧困」と表現したが、佐竹知事にも同様の言葉を贈ることなるのではないかと予感する。


posted by 石川錬治郎 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。