2010年03月16日

亀井大臣の来秋確定

1月22日に亀井静香大臣を(国民新党代表/衆議院議員)招いて開催する予定だった国民新党秋田県支部主催の時局講演会は、亀井大臣が衆院予算委員会に釘付けとなったため残念ながら延期とし、多くの皆さんにご迷惑をおかけした。

今回は亀井大臣のほか、自見庄三郎幹事長(参議院議員)と下地幹郎選対本部長(衆議院議員)という党の要が秋田に集結する。この時局講演会を主催する県支部、そして県支部代表である私の責務は極めて重大であると思う。

亀井大臣、自見幹事長、下地選対本部長が会場で発する言葉のひとつひとつは、日本の政治を動かすほど大きな影響力を持っている。まずは多くの県民に3氏の話を直接聞いていただくため、時局講演会の準備に全力を挙げて取り組みたい。

ちなみに、自見幹事長は医学博士で元郵政大臣。医療関係者、郵政関係者の出席に期待する。


posted by 石川錬治郎 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。